Latest Posts

素敵な結婚相手

なぜスムーズなことだけを与えてくれないのでしょう?私自身もほんとうによく悩みましたが、ます。いまだからこそわかることがいっぱいありたとえば、お母さんは子供のことを思えばこそ、幼稚園に入ったばかりの まだ未H熟な子 にも文字を書けるようになることや、ごめんなさいゃありがとうをちゃんとμ言うことを教えたりします。それは、幼稚園でお絵描きをしたとき、画用紙に自分の名前を書けないとその子が困るからですし、お友達や先生とうまくコミュニケーションがとれないと、幼稚園というその子のいる世界に身を置くなかで困るからです。また、お友達をたたいたり、危ないことをすると、激しく叱ったりします。ときにに-"'(元長テコは、パチンとたたいて教えることもします。それは、必要な痛みだとしてするのです。すべてはお母さんの愛です。その子を愛しているからこその教えなのです。より良く成長して欲しいからです。これと同じように、天も私たちを愛しているからこその教えをたくさん注いでくれるのです。あなたが成功して多くの人の前に出ていき、世のリーダーとして大きな感動や影響を与える真の成功者になるに値する人であればあるほど、天はあなたをより良い方向ヘ導くため、ひとより大きく成長させるため、いろいろな痛みや逆境を乗り越えさせようとするのです。それこそがそれこそが、本当の愛だからです!
世の中にはいろんな人が生きているのです。両手ぱなしの幸せを抱えた人ばかりでなく、いろんな困難を抱え生きている人がいます。素晴らしい両親がいる人もいれば、両親がそろっていない人もいるし、健康な人もいれば病気の人もいるわけです。

出典:

0013

出会いのチャンス

幾重にも核をつくり大きく育でなければ、立派なところが、ひ弱な員は、育てている途中で、その刺激に耐えきれず自らダメになってしまうのです。強さを秘めた員だけが、ただひたすら生き延びることができるのです。そうして、ようやく長い年月が経ち、小さかった核が成長を遂げ、幾重もの立派な巻きをつくった大きな核となったそのとき(真珠の姿となったときて取り出される瞬間が来るのです!この真珠を取り出す瞬間というのは、最初小さな核を埋め込まれたとき以上の衝撃の痛みをいやがおうでも貝は受けなければなりません。その産出の瞬間、死んでしまう員も・・・・・・。けれども、産み落とされた真珠は、そんな辛さや試練を乗り越えたことをみじんも感じさせないくらい、黙ってただ、ピカピカ光り輝いているのです。最後の大きな痛みと苦しみを身をもって乗り越えた貝だけが、人々の脚光と賞賛をあぴる立派な真珠の輝きを見せることができるのです。そうして世に出た真珠は、その真珠だけが持つ万本物の輝き を放ち、人々の魅力の的となって、大きな感動と影響を与え続けるのです。「苦しみの中から生まれたものこそ真の輝きを放つ」と、教えてくれる小さな貝の大きな生き方に、負けないようにがんばろうと、励まされるのは私だけでしょうか:::。痛みや苦しみゃ試練は、いつも尊いものを与えてくれるかけがえのないものなのです。dムすべての痛みは神様の愛です!

では、なぜ神様は、成功する人には大きな試練や痛みや辛さを与えるのでしょう?

出典:

cropped-0013.jpg

結婚と恋愛

一歩先さえも何も見えない状況の中でそれは、出口までしっかり歩いて来るというのです。あなたの出口はちゃんとあって、そこへ向かったとたん、燦然と輝く太陽の光に出逢えることになっているのです!夜がふけたら必ず朝が来るのです lそれが宇宙のしくみです!多くの成功者たちの話を聞くと、みんなピンチがあったと言います。でも、 あのHピンチがなければ、いまの自分はなかったかもしれない と口をそろえて言うのです。私自身もそうでした。グピンチはチャンス という言葉を誰が一番最初に言ったのかわかりませんが、この言葉があったからこそ、もしかしたら、いま成功というステージにたどり着いた人たちは、途中経過の辛くて苦しい道のりも、希望を持って歩いてこれたのかもしれませ明けない夜はありません!もう一度顔を上げて、夢と希望を見つめてくださいんね。
それこそが、本当のあなたの姿です!
苦しみの中から生まれたものこそ真の輝きを放つ本物になるみなさんは、真珠がお好きですか?私はけなげで愛おしい真珠のあり方が大好きです。
宣言炉は、あこや貝という貝の中に ρ核。を埋め込み、年月かけて幾重もの巻きをつくらせて大きくしていく装飾品で、その美しさは優しく穏やかであるのに凍とした強さをも感じさせる、なんとも言えない魅力あふれるものです。実はこの真珠の美しさには、わけがあるのをご存じでしたか?
貝は生き物ですから、生きたままの状態で核を無理やり身体に埋め込まれるということは、とても大きな痛みとなるわけです(異物混入のその痛みがひとつの試練) 0そして、核に巻きというものをつくらせるために、何年もの問、自らの体にそれを抱き続けなければならないのです。

出典:

0013

理想の結婚

感性を持っている出版社なら私の書くとそう思ったとたん、すぐに私はその出版社結局、それがきっかけとなって、私のデビュー作は生まれたのです!いた私までもが、もう一度生まれたのです。死にかけてluそうして、原稿が認められ、世に出ることとなったとき、このエピソードを青心社の山下社長に話すと「だったらこの本のイラストはその命の恩人の『ぜったい守ってあげるから!』の著者のかとうようこさんに描いてもらおう!」と、言ってくださり、それから間もなくご本人とも逢わせていただき、結局これがきっかけで、『彼に気持ちを伝える本』に続き、『彼にもう一度めぐり逢う本』『彼との関係を見極める本』がシリーズで出版となったのです。こうして私の絶望的なピンチから幸せなチャンスがやってきたのです。本当にピンチがチャンスだったのです H ぐ~建シコ言語認事室上宮?立議きの光が輝宇{宙瞬の問Lがご来定延長デコいま苦しく辛い状況の中にいる人へ、私が私の心からのメッセージとして絶対に受け止めて欲しいのは、 Hあなたの明日は必ずよくなる ということです!これは、私からだけのメッセージではなく、天があなたに届けたい一番の愛のメッセージでもあるのです。
見えないことは不安を誘います。
暗い調窟の中にいて、目の前が真っ暗闇で、本当に不安で孤独で怖いかもしれません。
でも、明るい光があなたのために射すことを信じてください!真っ暗閣の中にいるときに最も簡単に光を呼べるのは、あなたの希望です!
がたとえどんなに小さな希望でも、希望こそが光につながるものなのです。

出典:

cropped-0013.jpg

婚約について

変換 ~ sky_006

婚約の風習は、主として欧米にみられるもので、日本ではまれであるといってもよいでしょう。
家族法のなかにも、婚約に関しては特別の規定がみあたりません。
ただ、たとえたんなる口約だけによるものであっても、裁判所が、婚約によって有形無形の損害を受けたことを認めたときには、損害賠償の請求ができることになっています。じじつ、そうした判例も少なくありません。
婚約は、一面において結婚の意志の表明または保証であり、それを公けにするばあいは一種の社会的保証としての意味をもつと同時に、他面において、相手を束縛することであり、それを公けにするぱあいは一種の独占宣言を意味することでもあるわけです。しかし、それらの保証や束縛が、法的に効果がないとすれば、婚約はあくまで道義上の問題とみなすべきものでしょう。

婚約を、何か法的効果をもつものとまちがって考え、あとになって後悔するようなことのないようにしなければなりません。
たとえ、婚約の指輪を交換したとしても、それはたんに当事者二人だけの問題にすぎないことを忘れないように。

出典:

結婚相談所の利用

変換 ~ sky_001

見合が、ふつう家族や親戚知人による、いわば個人的な結婚紹介であるなら、結婚相談所は、それが社会的な機能となったもの、といえましょう。
見合は、他人の世話によるものである、という理由で、それを拒否したがる現代人にとって、結婚相談所はもっとも理想的な紹介機関であるともいえます。
家族の紹介でない点が、のちに家族とのあいだの調整という問題を残しはしますが、結婚祁談所の機能が、はじめに双方の客観的条件を明らかにする、という点に長所があることは見のがすことができません。
今日、公立の結婚相談所が全国にあり、今後もふえる傾向にあるようですが、その機能がより完全なものとなることは、結婚のためには大いにのぞましいことといえましょう。
現状としては、主として見合の機会がえられない男女が多く利用しているていどかもしれませんが、結婚紹介の社会的機能として、より多くのひとが利用することで、結婚相談所の重要性はいっそう高められるにちがいありません。
近年は40代や50代の方も過去よりも多く結婚相手を探しております。しかし、偶然ではなかなか見つけられないので、結婚相談所を利用する方法が増えております。

出典:

見合い結婚に対する偏見

変換 ~ sky_020

見合結婚のもつ合理性にもかかわらず、それは往々にして、古いまちがった方式であると考えられがちです。
それが、ある偏見からきていることは、まちがいありません。
第一に、あやまれる恋愛結婚の主張による影響があげられましょう。
第二には、内容が変わっているにもかかわらず、見合という形式が封建的であるという点にこだわっている考え方からくるものがあげられます。
こうした偏見に加えて、見合は相手をテストするようなもので、テストするのが非人間的であるうえに、テストされることもよろこばしいことであるとはいえない、といった考え方による見合反対論もあるようです。
この考えは、一見いかにも人格主義的で、もっともなようにおもわれるかもしれませんが、やはり偏見であることにかわりはありません。
テストするとかテストされるとかいった発想じたいに、まちがいがあるのです。
見合とは、ほんらい、結婚生活を一しょにやってゆけるかどうかについて、引き合わされた二人が、ともに話し合い確かめ合うためのものであるはずです。
結婚を申し込んできた人間をテストして採用不採用を決定するのが、見合ではありません。
見合を、そのようなものと考えることじたい、まことにごうまん不遜というほかありません。
逆に、テストされると考えるほうも、見合に対する偏見からまぬがれていないことは明らかです。
見合に対する偏見には、また、結婚相手はひとりで捜すべきで、他人に世話してもらうべきものではない、といった考えもあります。
こういう考えほど根拠のないものはないといえましょう。
よりよい結婚相手を捜そうとおもうなら、できるかぎり多くの機会をのがさぬようにするのが賢明であることはいうまでもなく、意識的につくりだされたものである見合の機会を拒否して、偶然にあらわれる機会だけが貴重であるかのように考えるのは、あまりにも夢想的でしかないといわなければなりません。
結婚は、けっしてロマンチックな夢のようなものではなく、もっと現実的な、意識的な努力によってのみ、成功させることができるのです。
さいごに、見合の機会が与えられたときには、たんに第一印象だけに頼らず、できるだけ話し合う努力を忘れないよう忠告しておきます。
人間は複雑な存在であり、第一印象なるものは、たいていあまり頼りにならないものであることを知っておく必要があります。

出典:

見合い結婚の利点

変換 ~ gro_048

見合が、ふつう、家族または親戚知人が両者の客観的条件についてあるていどまで調べた上で、二人の候補者を引き合わす、というかたちでおこなわれる点が、まず、結婚にとってよりふさわしい方法であるといえます。
見合が、家父長家族制時代でのように、家のためということを主として、たんに形式的に二人を引き合わすものであり、結婚する二人の意志が無視されがちであった、といったものではなくなっている今日、とかく主観的な判断だけで相手をえらぼうとする若い男女にとって、まず客観的条件が検討されてから引き合わされる、という形式は、その後の決定が主として当人たちの意志にまかされるかぎり、もっとも理想的であるといえましょう。
とくに、さいきん、一回か二回の見合ですまさず、一定の期間、交際して判断する方法がとられ、交際結婚という名称ができていることは、まえにも書いたとおりです。
この、見合から交際という手順をふんでの結婚は、あやまった恋愛結婚が支配的であるために、結婚・家族制度が社会問題となるほど混乱におちいっている欧米人にとっても、うらやましがられるほどの合理性をもっています。
見合結婚はまた、結婚相手としてさけたいひとが、かなりのていどまで、事前にふるいおとされる、という長所をもっています。
見合の段階にゆくまでに、家族や親戚知人がすでに、相手についてあるていど知っているか、ばあいによっては賛成してさえいるという点は、他の方法による結婚とくらべて、その結婚が少なくとも自分の属する家族社会に歓迎される可能性をより強くもつものであることを、証明するものといえましょう。

出典:

恋人どうしは、むしろ結婚にはむいていない

変換 ~ gro_047

「釣ったさかなにえさをやるバカはいない」ということばどおり、結婚する前と結婚した後との態度のちがいは、当然のことにすぎないことになります。
結婚が、相手を独占する手段でしかなければ、結婚してしまえば、相手はもう「釣ったさかな」で、えさをやる必要はなくなります。
結婚のために恋愛を主張するもの、恋愛の結果として結婚を考えるもの、いずれの恋愛結婚論一も、結婚にとってはもちろん恋愛にとっても好ましくないことが、これで明らかとなったこととおもいます。
恋人どうしは、むしろ結婚にはむいていないのです。二人が、恋愛を捨てて、質のちがう結婚・夫婦愛をものにしようと考えるときにのみ、恋人どうしの結婚に成功の可能性が生まれるのだ、と考えなければなりません。
もっとも、今日、恋愛といわれているものがほとんど、結婚相手としてえらんだものどうしの婚前交際にすぎないことをおもえば、それほどさわぐこともないともいえるかもしれません。
ただ、そのぱあい、たんなる婚前交際を、恋愛だとか恋人だとかいうことばを借称することで、かざり立てることのあやまりに気。つく必要がありましょう。
恋愛結婚といわれるものが、多くは、若い男女がたんなる好き嫌いによって相手をえらび、結婚が家族人による結びつきであることを知らずに、結婚におもむくという根本的な欠陥をもつものであるのに反して、いわゆる見合結婚が、その点で恋愛結婚よりもはるかに合理的であることは明らかです。

出典:

見合結婚と恋愛結婚の違い

変換 ~ gro_046

恋愛関係にあった男女が、質的にちがった夫婦関係にはいって、それに成功する可能性が、はじめから夫婦関係にはいる男女のそれとくらべて、かならずしも大きいとはいえないとしても当然でしょう。
むしろ、恋愛結婚のほうが、そうでない結婚よりも崩壊しやすいことは、十分考えうることであり、家庭裁判所の数字にあらわれた離婚率の、恋愛結婚と見合結婚における差は、それを裏づけているともいえましょう。
恋愛結婚論者が、もし、結婚のための恋愛を考えているとすれば、それは正しくは恋愛とよぶべきものではありません。
恋愛は、恋愛だけで完成すべきもので、恋愛以外の何ものかの前段階とか手段であるとみるべきものではないのです。
つまり、結婚における夫婦愛と、恋愛における男女愛とのあいだには何の関係もなく、それぞれが別個のものとして独立したものである、ということです。
恋愛結婚といわれるもののなかには、結婚の前提として恋愛を考えるもののほかに、恋愛の結果としての結婚があります。
現代の結婚が社会制度である以上、社会制度とは本質的に無関係な恋愛が、結婚を結果するということは、少なくとも自然な発展によるものでないことは明らかです。
まえにもいったとおり、そうした結果は、恋人を独占したいために、結婚を手段として利用しようとするところから生ずるのです。

出典: